学生カードローン

MENU

まずは他を検討

最近では学生でもカードローンを利用して簡単にお金を借りてしまう傾向があるようです。

 

お金を借りることが悪いこととは言いませんが、学生という状況的に、1度借りてしまうと返済していくのが大変になる可能性が高いのです。

 

そもそも学生がカードローンでお金を借りるためには、20歳以上でアルバイトをしていないといけないという制限はありますが、あくまでアルバイトですので月に5万円から多くても10万円程度だと思います。

 

この中から人によっては家賃や生活費、学費などもまかなわなければいけない人もいるでしょう。みんなが十分な仕送りを受けていて、アルバイト代は自分の自由なお金として利用できる人は少ないでしょうから。

 

このアルバイト代の中から毎月カードローンの返済をしていくのは結構大変なことだと認識しておいた方がいいでしょう。

 

最初は調子よく返済できていたとしても、カードローンを繰り返し利用することにより、月々の返済額がちょっとづつ膨れていき、最後には返済できない状況になってしまうということもあります。

 

ですので、大学生・専門学校の学生の方がお金が足りなくてカードローンを利用しなければいけないという状況になった場合、まずは他の方法でどうにかならないか?ということを考えてみてください。

 

他の方法で考えられるのは「日払いのアルバイトをする」「親に事情を話して借りる」「友達に借りる」「持っている本やブランド物を売る」といったことが挙げられるかなと思います。

 

節約するっていうのもありだと思うけど、カードローンでお金を借りるという状況的にギリギリの状況だと思うので、それでは間に合わない可能性が高いですね。

 

以下にそれぞれ説明していきますが、このほかの方法はどうしても駄目だったり無理な場合は、最終手段としてカードローンを利用するようにしましょう。カードローンを利用する場合は、以下のページをよく見てから借りるようにしてください

 

≫カードローンを利用するしかないという方はこちら

 

 

【日払いのアルバイトをする】

 

まず一番現実的じゃないかなと思うので、日払いのアルバイトをするということですね。自分が汗水たらして働いたお金というのは、誰も文句の言えない自分のお金ですから自由に使うことができます。

 

日払いのアルバイトならば、その日の仕事が終わったときには現金をもらえるわけですので。急いでお金が必要な場合も大丈夫ですね。

 

ただ、あくまで1日働くだけですので、多くても1万円前後の金額しか稼ぐことは無理かと思います。それ以上稼げるというのがもしあれば、ちょっと怪しいバイトかもしれませんので気を付けて下さい。

 

また、東京や大阪といったような都心部では日払いのアルバイトも多くありますが、地方に住んでいる方の場合は、なかなか日払いのアルバイトを見つけれないという可能性もあります。

 

ですので、数千円〜1万円ぐらいまでのお金が必要という方で、日払いのアルバイトに行くのでOKという方は、まず日払いのアルバイトをしてお金を作るといいでしょう。

 

【親に事情を話して借りる】

 

お金が必要になっている状況って、人によっては後ろめたい事情がある場合もあるでしょうし、親に事情を話すのは嫌だという人もいることでしょう。

 

親には仕送りもしてもらっていたり、親自体がそんなに裕福な暮らしをしていないとなれば、ちょっと言いにくかったりしますもんね。どういう理由だろうが許してくれないような親もいますし。

 

でも、カードローンの利用を繰り返してしまって、最終的に返済できないという状況になってしまえば、最終敵には親に頼るというかバレてしまう可能性があります。

 

ですので、親に事情を話すことができて必要な金額を借りることが出来そうな場合は、親に事情を話してみるといいでしょう。

 

【友達に借りる】

 

親には言いにくくても友達なら悩みを言えるっていう人は友達に借りるのもありかなとは思います。ただ、やっぱりそんなにおすすめはできませんけどね。

 

金の切れ目が縁の切れ目っていうぐらいですから、ちゃんと返済できれば問題ないでしょうが、なかなか返済できなかったり、繰り返し借りるようになったりしてしまえば、その友達との縁は切れていく可能性が高いです。

 

しかも、その友達だけに借りていたとしても、ちょっとづつ噂が広まってきて「お金を借りに来るからかかわらないほうがいいよ。」的なことになったりする可能性もあります。で、その友達だけじゃなく、他の友達も離れていくということにもなりかねません。

 

ですので、かなり親しくしている友人でなるべく早く絶対に返済することができて、何度も繰り返し借りるのではなく、1度だけという場合ならば友達に借りてもいいかなと思います。逆にそれ以外の場合は大切な友人からは借りないほうがいいでしょう。

 

【持っている本やブランド物を売る】

 

持っている本やブランド物を売るっていうのも手ですよね。本ですと相当な数がなければ、それなりの金額にはならないかもしれませんが、ブランド物ならば意外と高い値段がついたりもします。

 

買取ショップに持っていけばすぐに現金に換えることができます。ネットでも買取してくれますが、申し込んで郵送して振り込みしてっていう準備が必要になってきますので、早いところでも申し込みしてから1週間程度はかかってしまうことが多いです。

 

ですので、本やブランド物など何かしら現金に換えることが出来そうなものを持っている方は、買取ショップに持ち込んで売ってみるといいかと思います。すぐに現金を手に入れることができます。

 

≫上記のどれもダメな方はこちら